私がオンライン専用のLINEグループ運営で心がけていること

大のモンスターハンター(モンハン)好きの私は、MH4関連のLINEグループ(オンライン専用)も運営しています。グループ開設当時は、LINEグループ運営のコツを書いたWeb記事はあまり無く、どのように運営していこうかアレコレ考えていましたが、運営後3ヶ月経ち、メンバー数も67名になった現在は、一定の着地点が見えてきました。

そこで、今回は、私がLINEグループ運営で心がけていることを書いてみました。長文になりましたが、この記事が、LINEグループを運営している、またはこれから立ち上げようとしている方の参考になりましたら幸いです^^

スポンサーリンク

LINEグループ設立前

運営目的を決める

モンハンの楽しみ方は人それぞれ。グループも、まずは何のために運営するのかを決めます。例えば、「色々な人と楽しく遊びたい」のか、「動画を撮りたい」のか、「雑談だけ楽しみたい」のか。グループの目的により、運営方法や使用するツールも変わります。

ちなみに、当グループは「色々な人と楽しく遊びたい」「(MH4のチャットが不便なので)LINEを使う」に決めました。

運営方法を決める

運営目的が決まったら運営方法を考えます。「動画を撮りたい」が目的なら、スケジュール管理や人選面から、運営者がメンバーをグイグイ引っ張る運営が向いています。

しかし、当グループは「色々な人と楽しく遊びたい」が目的ですので、強力なリーダーシップで運営するつもりはありませんでした。何故なら、私は昼間働いているため、1日のなかでゲームで遊べる時間も限られているためです。

もし、アネゴ肌の運営を行った場合、私がゲームで遊べない時のみ遊べる方(夜間働いている方など)はどう思うでしょうか。「運営者さんと一緒に遊べなくてつまらない」と思うのではないでしょうか。それは、「色々な人と楽しく遊びたい」という当グループの目的ともズレてしまいます。それなら、時間帯の合うメンバー同士がその都度遊べるグループにする方が目的にマッチしていますね。よって、サポート的な運営方法で決まりです。

外部ツール使用の有無を決める

当グループでは、MH4のチャットが不便だった事と、当時話題のLINEを使ってみたかった事から、LINE必須にしました。しかし、18歳未満の方は少しずつLINEユーザー検索ができなくなり、今では18歳未満の方がオンライン限定のLINEグループに参加する事も難しくなってしまいました。

外部ツールは便利かもしれませんが、ツールが方針変更した場合、その影響をモロに受けてしまいます。余裕があれば、外部ツールが使えなくなった時の代替案も準備しておきたいところです。私の場合、LINEを使わない方との交流手段として、ゲーマー交流サイトも運営しています。

グループ成長期(メンバー数~30人)

グループを立ち上げたばかりでメンバー数や知名度が少ない時期は、メンバー間のトラブルは少ないですが、宣伝方法や盛り上げ方がイマイチだと当然メンバーも集まりません。また、メンバー数が少なくても、参加希望者が「参加する・しない」を判断できるよう、グループの方針・ルールの作成・告知は必要です。また、時にはメンバーに楽しんでもらえる取り組みも必要になってきます。

外部への宣伝を積極的に行う

モンハン4関連の交流サイトでグループメンバー募集の告知をしたり、自分のブログやTwitterで積極的に紹介していました。

メンバーが楽しめる工夫をする

モンハン4では、1チーム最大4人で狩りゲームを楽しめます。メンバー数が少なく、強さもバラバラな時は、行けるクエストも限られてしまうため、運営者が率先して皆で遊べるように工夫する必要があります。私は、メンバーの行きたいクエストを順番にクリアしていく「クエ回し」をよく募集しました(今もしています)。また、この時期はグループチャットもそれほど盛り上がりません。時には話題を提供する事も大切です。

幸い当グループはメンバー数が増えたため、企画倒れに終わりましたが、もしメンバーが増えない場合は、ネタ装備コンテストなどの実施を考えていました♪

グループの方針・ルールを決めて告知する

これが一番重要です。この内容で、どのようなグループになるか、どのようなメンバーが参加するかの5割は決まると言っても過言ではありません。当グループの場合、以前所属していたグループから引き継いだ「北海道出身or在住・マナー有・改造NG・グループ主催のオフ会は行わない」にて開始しました。

メンバー間でトラブルになった時も、グループの方針・ルールにのっとって解決します。決して「好き・嫌いという個人的な感情」でメンバーの処遇を判断してはいけません

グループ変化期(メンバー数~60人)

ゲーム発売からそろそろ1ヶ月経った頃。「北海道出身or在住じゃなくてもグループに参加したい」という有り難い要望をいただいたり、グループの雰囲気が合わなかったり、モンスターハンター4自体飽きてしまう方がグループを退会されるなどして、メンバーが流動的になり、ルールも需要に合わせて作り変えていくなど、色々変化した時期でした。また、人数が多くなってくると、どうしてもメンバー間のトラブルも起こります。この時期に特に大切なのは、「真摯な運営」です。

グループの方針やルールを変更する際はメンバーの意見を伺う

「俺に付いて来い!」タイプの運営なら、運営者の独断と偏見で適時方針・ルールを変更するのはアリです。しかし、運営者がサポート的な立ち位置のグループで、根幹となる方針を変更する場合は、運営者の独断で行ってはいけません。もし独断で行ってしまったら「(サポート的な立ち回りなのに)メンバーの考えを考慮しない自分勝手な運営者」という印象を与えてしまい、信用低下につながります。このような時は、メンバーに意見を伺いましょう

当グループも、最初は「北海道出身or在住・マナー有・改造NG・グループ主催のオフ会は行わない」という方針でしたが、北海道出身or在住じゃなくても参加したいという方のために、「北海道LOVEハンター限定」に変える事を検討しました。ただし、メンバーのなかには「北海道出身or在住」じゃないと嫌だ、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、「北海道出身or在住」を「北海道LOVEハンター限定」に変えても良いか、メンバーにアンケートを取りました。その結果、過半数以上の方の賛成をいただき、今後は「北海道LOVEハンター限定」になりました。

グループの不満を解消する

●LINE通知機能OFFのお知らせ
グループがある程度の人数になると、チャット数も増えます。LINEグループチャットの場合、メンバーが発言した際に音や振動で通知する機能がデフォルトでONになっていますが、勉強・勤務中や寝ている時にも鳴りっぱなしだと、さすがに嫌気が差してきます。これが原因で退会された方も複数いらっしゃいます。通知をOFFにする機能がある事を、もう少し早くお知らせできれば良かったと思います(私は主にPCによる利用で気づくのも遅れました;;)。

●名簿の作成
LINEユーザー名・3DSキャラ名・モンハンキャラ名が異なる方の名前を確認しやすくするため名簿を作りました。当グループでは、閲覧できるメンバーが多かった「Googleドキュメント」で作ったリストを「リンクを知っている方のみ閲覧」できるようにして使っています。

●参加・退会しやすいルールを追加
グループの雰囲気が合わなかったり、モンハン4に飽きてしまう事は誰しもあります。逆に、一度飽きてもまた遊びたくなる事もあります。当グループでは、参加・退会・再参加は自由にいたしました。再参加の可能性を考え、退会した理由もメンバーにお知らせしていません。

●ゲーム中専用のLINEグループを作成
雑談チャットが活発に行われるようになると、雑談チャットとゲーム中のチャットが混ざり、ゲームのメンバー募集チャットがすぐ見られなくなってしまいます。これを防ぐために、当グループでは、ゲーム中のチャット専用のLINEグループを新たに設置しました。これにより、ゲームのメンバー募集がかなり快適になりました^^

メンバー同士のトラブル対応は迅速に

人数が多くなると、メンバー同士のトラブルはどうしても発生してしまいます。いつもはサポート役に徹している運営でも、この時ばかりは迅速で真摯な対応が求められます。

しかし、好き・嫌いといった個人的な感情で対応してはいけません。片方の意見だけ聞くのもNGです。あくまでも、あらかじめ決めたグループの方針・ルールに則って公平に対応します。そのため、できれば、運営者自らの目で問題行為を確認するまでは、判断は保留とした方が良いでしょう。

ちなみに、当モンハングループで過去に起こったトラブルは、「クエスト終了後の素材剥ぎ取りを邪魔する」、「嫌がっているにも関わらず好意をアピールする」、「過去の改造経験が発覚した」ですが、最初の2つは運営者の私はまだ確認できていないため、グループの方針やルールに注意書きを加え、このような行為を抑止するにとどめています。

グループ繁栄期(メンバー数~100人)

現在進行形でこの状態にて運営中です。

1つのLINEグループに参加できる人数は最大100人です。当グループでは、メンバー数が最大になり、新たにグループに参加したい方が参加できないという事にはなるべくしたくありませんので、メンバーが60人を超えたあたりから、モンハン4交流サイトでの積極的な宣伝は停止いたしました。

また、このくらいの人数になると、メンバーと遊んでいる様子や、最新のグループ方針・ルールを掲載している自分のゲームブログも、宣伝媒体としての役割を担えるようになりました。ゲームブログを見て参加希望される方が増えてきたのは有り難いですね!

現在の課題

メンバーのアクティブ率の差が大きくなってきている

ある程度の時間が経ったグループではよくある課題かもしれませんが、アクティブ率が高いメンバーと、そうでもないメンバーで温度差が出来てしまい、アクティブ率が低いメンバーや新しいメンバーがチャットに参加しにくい雰囲気になっていないかは、少し気になるところです。

とは言っても、グループチャットが盛り上がるのは有難い事ですので、チャットを抑制する事は全く考えていません。強さ関係無しにクエ回しを募集することで、アクティブ率が高くないメンバーと遊ぶ機会を作ってまいります。

グループ名が長い

正式なグループ名は、「MH4北海道LOVEハンター集会所」。LINEグループ名の文字数は最大20文字ですが、これだけで17文字使っています^^; もう少し短い名前にすれば良かった~!

INできるタイミングの差で一緒に遊んだ事が無いメンバーが居る

これはもう仕方が無いですね。いつか遊べる事を願って、引き続きモンハン4を楽しんでまいります。

haniwaのヒトコト

今の当グループは、私が居なくても会話が弾んでいます。運営者が何もしなくても楽しめるグループにする事が理想ですので、とても有難いですね^^ 上司が居なくても仕事が回る的なアレです。良いメンバーが集まってくれたと、心の底から感謝しています!

また、運営自体を楽しむことも大切です^^!

スポンサーリンク