田舎に住んでみて驚いたこと

私は北海道・足寄町に住んで約10年ですが、そういえば色々と驚く事がありました!
今回は、私が十勝のド田舎・足寄町に住んでみて、実際にあった驚いたことを、生活、趣味、仕事、気質に分けて書いてみます。気づいた点は随時追加していきます。

タイトルは分かりやすくするために「田舎」としましたが、あくまで、北海道・足寄町での個人的な体験ですので、全ての田舎に当てはまるかどうかは分かりません。

この記事が、より良い田舎暮らし、より良い田舎ビジネスのための、1ミリほどの参考になりましたら幸いです♪ 

スポンサーリンク

生活編

玄関のドアを勝手に開ける

これはかなりのカルチャーショックでしたね! チャイムを鳴らしてから開けるならまだしも、時には、何も合図せずイキナリ開けられることも>< トイレ中や着替え中はかなり焦りますw その日から、我が家の施錠目的は、防犯ではなく来客にドアを開けられないためになりました^^;

ドアの鍵をかけない

玄関のドアを勝手に開ける人が多いためか、ドアの鍵をかけない人も多いですね。泥棒に入られても自己責任ですよ~^^; ただ、最近は泥棒が出たという話も聞くようになり、施錠する方も少しずつ増えています。

すれ違う人に挨拶する

道を歩いていると、すれ違っただけの見知らぬ人に挨拶をされる事がかなりあります。3DSのすれ違い通信をリアルでやってるような感じでしょうかw 人によっては、そこから井戸端会議に突入する場合も。これはかなり新鮮でしたね!

公共交通機関が少なく、運賃も高い

国道にもかかわらずバスが1時間に1本ならまだマシで、時には数時間に1本という事も。さらに運賃も高く、30分乗っているだけで500円とかザラです。利用する人が少なく走行距離が長いため仕方が無い事かもしれませんが;; 自家用車が無いと生活できないというのも分かります。

ネット環境が悪い

これは仕方が無い事かもしれません。ちなみに我が家はいまだにADSL、さらに離れるとモデムなんていうツワモノも。

趣味編

趣味は酒・たばこ・ギャンブル、芸能情報に詳しい

町内の娯楽施設といえば、パチンコか居酒屋内のカラオケくらい。その他の遊べる場所が少ないためか、町内の知人に時間とお金の使いみちを聞くと、酒・たばこ・ギャンブルと答える人がかなりいます^^; どうりで、人口の割にパチンコ店と飲食店が多いワケです(人口7500人・パチンコ3店・飲食100店以上)。最近はスマホゲームも聞くようになりました。芸能情報に詳しいのも、暇つぶしにテレビを見ることが多いためかもしれません。

ブランド物や権威に弱い

お金の使いみちが無い事、あるいは見栄を貼りたい事から、ブランド物にかけるお金の額を自慢し合う場面がしばしば見られます。これは田舎に限った事では無いかもしれません。

EXILE好き率が高い

ミュージシャンは沢山いるにもかかわらず、なぜか知人女性に大人気! 単なる偶然なのか、それともEXILEに何らかの田舎モテ要素があるのかはナゾです。ちょいワルっぽいイメージがウケているのかもしれません。

仕事編

過去のお付き合いを重視する

新しい取引先が営業に訪れ、かつ能力も高かったとしても、これまでお付き合いのあった取引先を重視する傾向があります。既存の取引先に親戚が居たり、町内で顔を合わせて気まずい思いをしたくないなど、理由は様々です。田舎でビジネスを行う場合、このような理由から正攻法が通じにくい場合があります。

友達に甘い

肩書きよりも友達(プライベートで付き合いがある、共通の知人が多い等)が重視される時があります。見知らぬ上司と友達部下がいたら、友達部下の方が扱いが良いこともしばしば。自分も友達扱いされたらフレンドリーですが、逆に友達扱いされないと仕事がやりにくい事も。実際、友達部下には代休取得を勧める一方、見知らぬ部下には代休は無くて当たり前という対応をされる事がありました。

上司や取引先にタメ口で話す

職場によるのかもしれませんが、私の職場や、取引先内での会話では上司にも意外とタメ口で話しています。私は基本誰に対しても敬語ですが、足寄に長く居て友達扱いされている部下は上司にもタメ口です。取引先に対してもタメ口で話す人も。社内ではまだ良いとして、取引先に対してタメ口はチョットどうかな・・・と思います^^;

職業と性格をリンクさせる

これは田舎に限ったことではないかもしれませんが、「アイツは農家だから○○だ」、「彼女は銀行員だから○○ね」というような、職業と性格をリンクさせる発言を多く聞きます。型にはめると間違った先入観を持ってしまう可能性もありますので、ほどほどに。

患者の病状だだ漏れ

病院に勤めている人が、「あそこの◯◯さん、△△という病気みたいよ!」という患者の個人情報を第三者におおっぴらに話します。長年勤めていて患者と親しいならまだ分かりますが、若い研修生でもこの手の会話をしてしまうことから、守秘義務や教育への意識が低いと言わざるを得ません。田舎では、患者のプライバシーは無いと考えた方が良いでしょう。

女性の負担が重い

これは一次産業が多いためかもしれません。このような産業では、体力のある男性が仕事の中心になり、女性は男性の補佐役か、男性が行いたがらない単純労働(畑作農業では草むしり等)につくにとどまる事が多いです。仕事では男女の能力差をうまく利用しているといえますが、家庭では、家事を行う男性は少なく、女性には、肉体労働の仕事に加え、家事や育児、介護の負担が重くのしかかっています。

気質編

地元への文句が多い

これは、足寄で生まれ、足寄で育ち、足寄で働いている人に多くみられます。地元批判はする一方で、建設的な意見はまったく無いところが多くの人で共通していますね。地元を悪く言うことでに単にウサ晴らしをしたいだけなのか、本当にあきらめているのかはナゾですが、私個人としては、田舎に住んでいることがコンプレックスに感じている人も少なくないように思います。そんなに気にしなくても良いのに。

そういえば、以前町内で講演会を企画した時に、「町内の人の話よりも、町外の人の話を企画した方が人が来る」という話を伺いました。単なる機会の差(町内の人の話はいつでも聞ける)かなと思いましたが、実はそうではなく、どうやら「町外の人がわざわざこんな小さな町に来てくれる」という事が大切なようです。

「マチ」と「マチじゃない」場所の区別が部外者には分からない

ブッチャケ私には「マチ」も「マチじゃない」所もどっちも同じに見えましたが、長らく住んでいた人にとってはその認識の境界はハッキリしており、さらにマチに住んでいる人がマチじゃない所に住んでいる人を子バカにする場面もありました。

同調意識が強い

自分と同じ考えを持つ人を「ナカマ」と思う一方で、自分と異なる考えを持つ人は「テキ」とみる傾向が強いですね。例えば、はじめて会った人との会話で、共通する知人の話が出ると異様に盛り上がり「ナカマ」と認識されますが、主夫やシングルマザーなど、ちょっと「田舎では珍しい」生き方をしているとすぐウワサのサカナにされます^^;

決めつける傾向が強くジンクスを信じる

これは、足寄以外の地で生活した事が無い人、特に中高年で顕著ですね。自分の考えで物事を決め付ける傾向が強く、ジンクスの類も信じやすいです。例えば、「新しい家を建てたら3年は気を付けなさいっていうから、アナタの子どもも怪我したのよ!」と真顔で言うなど^^; 接する人・社会が狭く、自分と違う考えに触れる機会が少ないことが影響しているのかもしれません。

ウワサ話大好き

「○○さんがどうした」というようなネタで会話が数時間盛り上がります。知人の動向をより多く知っている人がスゴイという認識があるのか、お互い知人の動向を話すばかりで、会話のキャッチボールが成り立っていない事も。また、同調意識の強さから「本心は違うけどとりあえず合わせておこう!」とする人も多く、話す場所が変わる度にまるっきり違う事を話す人もチラホラ。「京都人は表裏がある」とはよく聞きますが、北海道の田舎もナカナカです。

でも自分のウワサ話は気になる

人のウワサ話は大好きな一方で、自分がどうウワサされているかはすごく気にしています。特に、普段後ろ暗いところがある人ほど、悪いウワサがたってないかリアルエゴサーチをしていますね。自分のウワサ話を気にしすぎている人がいたら、「何かあるのでは?」と思った方が良いかもしれません。

そして自分と近い他人の動向はとっても気になる

自分の子供の様子を聞くだけではなく、同級生の様子も聞き、さらに自分の子供と同級生を「毎回」比較していた点に驚きました! 例えば、子供がテストで良い点を取ったら成績の良い人の点数も聞いて比べたり、子供と同級生の就職活動の進み具合を気にしていたり。何故、ここまで他人が気になるのでしょうか。

お気に入りの人とそうでない人との扱いの差が激しい

気に入った人にしか話しかけなかったり、気に入った人の悪口は一切言わないが気に入らない人の事はとことん悪く言ったり。あまりの扱いの差に聞いているこちらが身をひくほど^^; これも、先ほど述べた「田舎の二枚舌」というやつかもしれません。

大学に進学した事を自慢する

地元の学校の偏差値が低いためか、大学で何をしたかではなく、単に大学に進学したにすぎないにもかかわらず、自慢のネタにする人、たまに居ますね。逆に、私が地方の大学出身者だと知ると二言目には「すご~い」と言われます。いや、すごくないから~^^;

時間にルーズ

人によるのかもしれませんが、用事が無いのに待ち合わせ時間に15分遅れるとかザラです。こういう人は直りませんから、待ち合わせ時間を早目に設定するなど工夫しましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの移住者 より:

    本州から札幌に移住したものですが、ここでも勝手に玄関開けようとしますよ(笑)
    中古マンションを買って数年、オートロック付きで防犯面も安心と思っていた矢先に、突然インターホンを鳴らしながらドアを乱暴に開けようとする人が・・・
    7.8回はインターホン鳴らされたと思います。

    怖くてじっとしていると、収まりましたが、どうやら引っ越してきた下の階の住人のようでした。びっくりです。

  2. まゆ より:

    私には住みにくいなぁ、と思いました。人は人と言う考えですし、噂されるのもするのもあんまり好きでないので(^ω^)独特な雰囲気があるって言われたりするので結構仲間外れとかされそうです。

  3. にな より:

    久しぶりに声を上げて笑いました。
    こちらも生まれた時から、田舎暮らしです。
    そうそう、そのとおり、ごもっともです
    これからも更新を楽しみにしております。