月間PV1万の個人サイトでも導入できるSSP「Fluct」!

先日、イケダハヤトさんの記事「攻撃喰らってAdsense停止されたけど、「Fluct」使ってたから何とかセーフ」を拝見し、そんなユニークなサービスがあるの!?という事で、早速個人サイトとして申し込んでみました^^

Fluct1  (http://fluct.jp/

Fluctとは、色々なインターネット広告をFluctを介して表示することで、広告収益を最大化してくれるサービスです。

今までは、ひとつひとつの広告媒体に個別に申し込む必要がありましたが、それをFluctが一括管理することで、webコンテンツの収益効率がアップするのだとか。

嬉しい事に、初期費用・固定費用は無料
Fluct公式サイトで紹介されている導入事例は大手ばかりですが、問い合わせてみたところ、なんと月間ページビュー1万程度の弱小個人サイトでも申し込めるとの事

Fluct2

親切な対応でしたので、早速、私も申し込んでみましたよ♪
それでは、いち弱小個人サイトの「Fluct」申し込み体験記をどうぞ^^

スポンサーリンク

私が思うFluctのメリット

1.リスクを分散できる

先のイケダハヤトさんの記事にもあるように、Webサイトの収入源がGoogleアドセンスだけだと、万が一アカウントが停止されたり、検索順位が落ちてページビューも下がったら大変です。
複数の広告があると、いざという時の安心感にもつながります♪

2.アフィリエイトサービスに個別に申し込まなくても良い

多くのサービスは支払下限額が決まっており、その金額以上の利益が出るまでは一切支払いがありません。そのため、弱小個人サイトが多くのサービスに申し込むと、いっこうに振り込まれず、広告張り替えの手間ばかりがかかってしまう・・・なんてことも。
Fluctは支払窓口も一元化できますので、細かい手間が省略できます^^

3.AdSenseのリセラープログラムに申し込める

「法人かつ月間1万PV以上」に限りますので、今回私が申請したサイトは対象外ですが、サイトによってはより多くの収入を獲得できるかもしれません。

私が思うFluctのデメリット

1.広告の位置や大きさをすぐに変えられない

事前に広告の位置とサイズを伝えてタグを受け取るシステムのため、「思い付き」で広告の場所や大きさを変えたくても、なかなかできません。広告の位置とサイズの検討は事前にシッカリ行いましょう!

2.申し込む前に管理画面の雰囲気が分からない

広告設置で一番大切な点は効果判定です。導入直後の今もどのようなレポートが出されるのかは未知ですが、Fluct導入事例によると、改善策も提案してもらえるとの事なので、今後に期待しています♪

3.ユニークなサービスなのに認知度が低いように感じる

これはデメリットとは少し違うかもしれませんが、昔、お気に入りのサイトさんが、アドセンス狩りによるアカウント停止を受け、サイトごと消してしまった・・・なんて事がありました。この方がFluctを導入していれば、もしかしたらサイトごと消すことは無かったかもしれません。
そのようなサイトが出ないためにも、Fluctや拙記事が多くの方の目に止まってくれる事を祈るばかりです^^

「弱小サイトは広告よりもコンテンツを考えろ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、Web記事は何が当るか分からない世界。拙サイトも明日には大フィーバーしているかも・・・しれません♪
(単に言ってみたかっただけなの~♪)

申し込みから導入までの流れ

1.web上で申し込み

  • PV数が少なくても申し込めます。
  • 担当者の名前と口座名義が一致している必要があります。
  • 複数サイトに導入したい場合、まず1サイトで申込み、その後追加サイトの詳細を連絡します。
  • 法人メディアでかつ月間1万PV以上なら、AdSenseの1ページ内の枠数上限3枠を解除するリセラープログラムに申し込めます。

2.自サイトの広告配信希望場所・大きさを連絡

私は現在のアドセンス枠1箇所を置き変えてみました。

3.広告配信会社によるサイト審査

私が申請したサイトは北海道の放射能データまとめです。マニアックなコンテンツだったためか、審査からタグ受け取りまでは約1週間かかりました^^;

4.Web上で契約締結

印鑑は必要ありません。手続はとてもスムーズでした。

5.広告タグ受け取り・動作確認

HTMLタグを少しいじるだけでOK^^

6.管理画面受け取り・実装開始!

管理画面アカウントのパスワード登録期限は、メール発信後約6時間。もしこの間に登録できなければ再発行手続きが必要です。
パスワードを登録し、管理画面にログインできれば実装完了となります。

実装後の感想

Fluctサイトには申し込みから実装までは平均5営業日とありましたが、北海道の放射能データまとめの場合は、2013/6/20の申し込みから7/3の実装まで、およそ10営業日かかりました。

個人サイトであること、マニアックなジャンルであること、アクセス数が少ないことなどが理由として考えられますが、無事に導入できました!

申し込みを考えている個人サイトさんは、念のためスケジュールに余裕を持たせた方が良さそうです。

効果レポートや改善案の提案が楽しみです^^♪

haniwaのヒトコト

成果があるなら他のサイトへの導入も検討していきます。

スポンサーリンク