「良さを知っていただきたい」と商品を宣伝するメーカーは要注意!

メーカーが自社商品を顧客にセールスするときに、よく聞く2つの言葉。

「○○を知っていただきたい」
「○○の良さを知っていただきたい」

この2つは似ているようで、全く違います。

前者は、良し悪しの判断を顧客に委ねていますが、後者は、「○○は良いものである」というメーカーの考えも顧客に押し付けています

例えば、私が運営するグループを宣伝する場合、「あなたに、当グループを知って欲しいです」ど伝えるのと、「あなたに、当グループの良さを知って欲しいです」と伝えるのでは、印象はどう変わるでしょうか。

もし私が後者のように言われたら、「まだ参加してもいないのに、私に向いているかなんて分からないわ。それに、良いものを提案することは、運営として当たり前。わざわざ言わなくても~」と思ってしまいます。商品も、まったく同じです。

他社商品を気に入って、人にオススメする時は「良さを知って欲しい」という思いで伝えますが、自分のサービスを紹介するときに「良さを知って欲しい」とは、少なくとも私はおこがましくて、言えません。

スポンサーリンク

本来、商品やサービスの良し悪しを判断するのは顧客です。それなのに、メーカーが良し悪しの判断を顧客に押し付けてしまうと、もし売れなかった時に、その理由に気付けません

本当は、商品が顧客のニーズとかけ離れているのかもしれないのに、「○○が売れないのは、顧客に良さが伝わっていないためだ、もっと宣伝しよう」という思考になり、売れない理由を、商品ではなく、顧客にあると捉えてしまいます

顧客は、この会社の商品より、もっと良い他社の商品を使っているかもしれませんし、そもそも、顧客層(マーケット)の選択を間違えてしまっているのかもしれません。

もしそうなら、いくら宣伝しても、なかなか売れません。

そんなわけで、良し悪しの判断も顧客に押し付けてセールスしている商品を売るメーカーは、今は繁盛していても、今後、傾いていく可能性があります。

私が株を買う時は、メーカーのセールストークも注視しています♪

スポンサーリンク