北海道の放射能データまとめ

フィルター

データ

haniwaの自主測定(2012)

haniwaの自主測定

()内の数字は定量下限値、単位はBq/Kgです。

検体名 検査日 セシウム
137
セシウム
134
カリウム
40
備考
車のエア
フィルター
(トヨタ1800)
2012/
11/28
28.25±1.65
(4.02)
19.76±1.58
(4.65)
不検出
(56.31)
重量188.3g
3600秒測定
車のエアコン
フィルター
(ホンダ
シビック)
2012/
06/16
下限以下
(12.524)
下限以下
(13.865)
下限以下
(296.934)
重量75.6g
3600秒測定
車のエア
フィルター
(ホンダ
シビック)
2012/
06/17
下限以下
(9.554)
下限以下
(10.577)
下限以下
(226.521)
重量99.1g
3600秒測定
車のエア
コンフィルター
(スズキ)
2012/
06/17
下限以下
(11.820)
下限以下
(13.086)
下限以下
(280.252)
重量80.1g
3600秒測定
車のエア
フィルター
(スズキ)
2012/
06/17
下限以下
(9.780)
下限以下
(10.820)
下限以下
(237.245)
重量133.5g
3600秒測定

トヨタ1800





震災後から2011年5月中旬まで仙台市内を約200km走行、その後仙台から札幌まで800km、2012年9月上旬まで札幌を中心に約6500km走行。
測定は北海道放射線測定室のEMF211による。

ホンダシビック


走行距離は2010/5-2012/5で約3万。走行地域は北海道足寄町内や帯広を中心とした十勝全般、札幌4、5往復/年。

スズキ


走行距離は2009/05−2012/04 の3年間で69,000km(1年で約23,000km)。走行地域は北海道音更町−帯広市の通勤が主で、年間で、札幌・千歳方面約20往復、釧路約10往復、函館2、3往復、新得約15往復。富良野約4往復。

※車のフィルターは車検時に交換し回収
※北海道放射線測定室におけるEMF211による測定

素人haniwaの所感

震災後に仙台から東北をたった数百km走っただけですが、これほどのセシウムが検出される現実に胸が痛くなります。 仙台市内に降下したセシウムの量のすさまじさが伺えます。

測定元

北海道放射線測定室

→ページ上部に戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.