北海道の放射能データまとめ

学校

データ

札幌の小中高校(2011)

札幌の小中高校の空間線量

朝日新聞より(2011/9/13)

■北大が調査

北海道大学は12日、札幌市立の小中高約310学校近くの路上で放射線を測定したところ、毎時0・03〜0・07マイクロシーベルトだったと発表した。平常時との違いはなかったという。道によると、道内の学校施設近くで放射線が測定されるのは初めて。

北大原子核反応データベース研究開発センターが8月下旬、測定機器を地上1メートルの高さになるよう自動車に固定し、学校近くの公道を移動しながら測った。

同センターは、東京電力福島第一原発事故後に北大構内などで測定していたが、放射線に関する風評被害が広がっていることから、生活に身近な場所でデータを測定して公開することが重要だと判断して測定したという。

同センター長の合川正幸教授(天体核物理学)は「今後も道央圏などでデータを測定していきたい」と話している。

参照元

朝日新聞

→ページ上部に戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.