北海道の放射能データまとめ

福島原発事故後に東北・関東産食材を産地偽装した事例

(株)あじみ屋

おにぎり(商品名「昔ながらのおむすび(うめ)」ほか6商品)について、「コシヒカリ」以外の品種が混合された精米を使用していたにもかかわらず、「伊賀米コシヒカリ」と一括表示欄外に表示し、少なくとも平成24年4月から平成25年4月24日までの間に、自社2店舗において一般消費者に、また、一般消費者向け商品として小売業者に、合計311,869個を販売した。

※(株)あじみ屋の謝罪文によると、現在販売している米の産地は三重県産とのこと。

参照元

農林水産省プレスリリース(2013/7/17)
(株)あじみ屋の謝罪文(2013/7/18)

福島県の漁師

漁師自らが釣った福島県産(事故原発のある浜通り地方を流れる「夏井川産」)のウナギが他県産として偽装され、全国に流通しているらしい。 天然モノを売り物にしている店や高級料亭に、千葉県産や利根川産、四万十川産として出回っているそうだ。 相馬市沖のズワイガニは日本海の業者に流れている。「業者が買い取ったあと、全国のどこに流しているかは分からない」

参照元

日刊ゲンダイ(2013/6/4)

近江屋米穀店(京都市左京区の米加工販売業)

2012年10月1日-2013年2月1日まで、「宮城産ひとめぼれ」「岩手産ひとめぼれ」「岩手水沢産ひとめぼれ」の3種類を、「秋田県産あきたこまち」と偽り、95袋(475kg)を販売。 農林水産省によるコメのDNA検査で偽装が判明、府が調査を行っていた。

参照元

MSN産経west(2013/4/4)
袋詰精米の不適正表示に対する措置(JAS法)について(2013/4/4)
※近江屋米穀店のサイトは見つけられず。

ジャパンシーフーズ(福岡市南区の水産加工販売会社)

2012年8月30日-9月22日まで、全国の小売店に卸したアジのたたきやしめサバなど計16商品の産地を、実際は千葉や和歌山、島根県産なのに「長崎沖」や「長崎産」と不正に表示。

参照元

農水省プレスリリース(2013/1/30)
ジャパンシーフーズ・アジ・サバの不適正表示についてのお詫びと今後の改善について

JA兵庫六甲(兵庫県)

2012年岩手県産米「ひとめぼれ」9割に兵庫県産米1割を混ぜたブレンド米なのに、兵庫県産米のみの商品「こうべ育ちオリジナル米」の袋に入れ、神戸市西区の直営店舗で客2人に販売。

参照元

msn産経ニュース(2012/11/22)
JA兵庫六甲・お詫びとお知らせ

橋本商事(長野県駒ケ根市下市場の米販売会社)

2012年1月-2月までの間、自社工場で精米した「福島県産あきたこまち」を「長野県産あきたこまち」と印刷された袋に詰め、「単一原料米長野県産あきたこまち23年産」と印字したラベルを張って、大阪府の業者に精米計200キロを約6万円で販売した疑い。

参照元

msn産経ニュース(2012/9/27)
※橋本商事のサイトは見つけられず。

AMMS(兵庫県伊丹市の食肉販売業)

同社の福田屋此花店(大阪市)は2011年9月-2012年2月、福島県産約750キロを含む東北、関東産の牛肉など少なくとも1424キロについて、鹿児島県産などに産地を変えて販売。

参照元

読売新聞(2012/4/13)
※AMMSのサイトは見つけられず。

東豊農産(大阪市福島区の農産物流通会社)

2011年年9月10日から14日までの間、福島県産キュウリ約174キロを北海道産と偽装し、848パックを販売。

参照元

大阪府:農産物の不適正表示企業に対する措置について(2012/8/3)
※東豊農産のサイトは見つけられず。

大兼文喜(東京都北足立市場の仲卸業者)

2011年9月、福島県産のキュウリ358箱を袋に小分けする際、山形県産や岩手県産の産地シールを貼って、スーパーなどの小売業者などに販売。

参照元

日テレNEWS24(2012/4/28)
※大兼文喜の現在のサイトは見つけられず。 キャッシュページに記載されていた食品小売取引先は、(株)アマンド、北東京商事(株)、(株)コモディイイダグループ、さいたま春日部市場(株)、(株)スーパーマルエーグループ、 スーパーカトウグループ、(株)スーパーマルエーグループ、全農越谷青果(株)、(株)鶴岡中央青果、(株)トウショク、弘前中央青果(株)、ホテルサンライト、(株)マルエツ、 丸果秋田県青果(株)、(株)明治座、(株)ライフコーポレーション、(株)レパスト、ロケット食品館


このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.