北海道の放射能データまとめ

航空機モニタリング

データ

北海道
全国

北海道

地表面から1mの空間線量率

札幌と釧路の大気中放射性物質
(クリックすると拡大画像が別窓で表示されます)

地表面へのセシウム134・137沈着量の合計

札幌と釧路の大気中放射性物質
(クリックすると拡大画像が別窓で表示されます)

参照元サイトの説明

測定実施日

  • 道南エリア:2012年5月9日-5月18日(のべ13フライト)
  • 北海道北エリア:2012年5月17日-5月31日(のべ20フライト)
  • 北海道西エリア:2012年5月10日-5月20日(のべ27フライト)
  • 北海道東エリア:2012年4月24日-5月11日(のべ20フライト)

素人haniwaの所感

北海道庁や有志による、これまでの土壌調査結果でも明らかなように、高濃度のセシウム沈着していない事が改めて確かめられました。 以前、道東方面が250Bq/kgものセシウムに汚染されているとのシミュレーション結果が報告されましたが、また否定されましたね。 やはり、実測データに勝るものはありません。

参照元

文部科学省報道資料(PDF)

→ページ上部に戻る

日本全国

地表面から1mの空間線量率

札幌と釧路の大気中放射性物質
(クリックすると拡大画像が別窓で表示されます)

地表面へのセシウム134・137沈着量の合計

札幌と釧路の大気中放射性物質
(クリックすると拡大画像が別窓で表示されます)

素人haniwaの所感

これで、日本全国の調査が終わりましたね。 ただ、この図でセシウム沈着量が少ないとされる地域、例えば山形や新潟、長野の食品からも放射性セシウムが検出されていますので、 この図で沈着量が少ない地域であっても食品からセシウムが全く検出されないというわけではありません。 あくまで、いち参考資料としてとらえておいた方が良さそうです。

参照元

文部科学省報道資料(PDF)
放射能検出データまとめ

→ページ上部に戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.