北海道の放射能データまとめ

放射線を見た!

2011/10/22に札幌で行われた、放射線オフ会に私も参加してきました! その中で行われた、放射線が見える実験をご紹介いたします♪

原理

丸い容器の中には蒸発したアルコールが、容器の底にはドライアイスが入っています。 容器上下の温度差により霧ができますが、そこを放射線が通ると小さな雲ができ、放射線を(間接的に)見ることができるのです♪

実際の放射線は、ランダムに出て、流れ星のようにすぐに消えてしまいます。 今回使ったものはトール石で、アルファ、ベータ、ガンマ線を出します。 そのため、まっすぐに飛ぶ雲はγ線、フラフラに飛ぶ雲はベータ線、近くに落ちる雲はアルファ線と、線種の違いも実感できます^^

機会があれば、是非、実物をご覧になってみてください!面白いですよ♪
ただ、観察中は絶賛被曝中であることを忘れずに^^;

参考動画1

北海道別海町の北海道放射線測定室さんが撮影・アップくださった動画です!

霧箱動画(トール石)

霧箱動画(別海町の民家)

中央に写りこんでいる物体は動画撮影カメラです。

参考動画2

霧箱作成手順が分かります。音が鳴ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.