北海道の放射能データまとめ

その他

データ

その他

「北海道産小麦にブログ上でデマ情報流布」(オルター通信1225号記事)について

この件は、2012年2月中旬にネット上で広まった「北海道産小麦から17Bq/kg検出」誤情報についての検証です。 オルターさんのサイトを見ても、結局何がどうなったか分からない!というご意見をいただきましたので、概要をざっとまとめます。

2012年2月20日にオルターさんのサイトで発表された情報「泊昆布(真昆布、青森県産)・・・16.9±0.3(Bq/kg)」ですが、 青森産であるはずの「泊昆布」が、「泊発電所」の影響か、ネット上で北海道産と伝えられ、 さらに、16.9という数字が北海道産小麦の値として伝わり、ちょっとした騒動になりました。
この時点で既に、情報が2度間違って伝わっています。

その後、関東の市民測定所で北海道産小麦を測定した状況がネットで伝えられました。それは、 「オルターの道産強力粉。わたし的にかなり“危険な香り”がしていたので、 今日測定所に持参しました所、1時間計ったところで激しくスペクトルがピークを示し出し今も測定続行中です。」 というもので、その後、結果も伝えられました。

ところが、結果は、その市民測定所が持つ測定器の性能を超えた値だったため、 測定の精度について、小麦測定依頼者と測定所に問い合わせました。
その結果、依頼者が測定結果を間違って解釈していた事が明らかになり、 間違って伝えられた結果は修正され、正しい結果が公表されました。(検出限界未満でした。)

つまり、17Bq/kgを検出した検体は、北海道産の小麦や昆布ではなく、青森産の泊昆布で、 それは最初からオルターさんのサイトでちゃんと発表されていたということでした。

間違った情報を広めると色々な問題が起こるという例ですね。 この件に関わった皆さま、お疲れさまでした!

参照元

オルター通信1225号

青森県における2011年10月と2011年12月の空間線量率

青森県における2011年10月と2011年12月の空間線量率

これを見るかぎり、空間線量率は雪の影響を受けていると思われる。

参照元

青森県リアルタイムモニタリング


このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.