haniwaのホームページ・ブログ評価

マネジメント

私がプロジェクトを管理する立場になって間もない頃、大変参考になった書籍に「マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] 」があります。ここでは、特に参考になったことをまとめてみます。言葉使いがちょっと難しいかもしれません。

組織について

  • 組織が存在するのは組織自体のためではない。自らの機能を果たすことによって、社会、コミュニティ、個人のニーズを満たすためである
  • 「我々は何を売りたいか」ではなく「顧客は何を買いたいか」を問う
  • 「顧客は誰か」との問いこそ、個々の企業の使命を定義するうえで、もっとも重要な問いである
  • 市場が何であるかを決めるのは、生産者ではなく顧客である
  • 市場において目指すべき地位は、最大ではなく最適である
  • 大きくなること自体に価値はない。よい企業になることが正しい目標である
  • 事業は価値が一貫していなければならない
  • 自らの組織に特有の機能を危うくしては、いかに高尚な動機であっても無責任というべきである
  • 経済活動の3つの資源は、土地つまり物的資源、労働つまり人材、資本つまり明日のための資金である
  • 組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、人の弱みを中和することにある
  • 組織の健康を判定する基準は、構造の美しさ、明快さ、完全さではなく、成果である
  • 組織には、人の性格をとやかく言う四角はない。雇用関係は特定の成果を要求する契約にすぎない
  • 個人の強みは社会のためになる
  • 人は最大の資産である

仕事について

  • 働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。そのためには、(1)生産的な仕事(2)フィードバック情報(3)継続学習が不可欠である
  • 意思決定は常に、可能な限り低いレベル、行動に近いところで行う必要がある。同時に、それによって影響を受ける活動全体を見通せるだけの高いレベルで行う必要がある
  • リーダーシップを発揮する機会が職場コミュニティに存在しないとき、能力、エネルギー、野心は、マネジメントや職場コミュニティに対立する形で発揮される。当然、否定的、破壊的、扇な形をとる
  • 何が正しいかを考え、誰が正しいかを考えない
  • 情報は、自己管理のための道具であって、上司が部下を管理するための道具ではない
  • 自らの仕事が組織全体のどこに位置し、逆に全体の仕事が自らの仕事、貢献、努力にとって何を意味しているかを理解できるようになっていなければならない

悪い組織

組織に重大な欠陥があるとき、もっとも多くあらわれる症状として以下の7つがあげられる。

  • マネジメントの階層が増加する。組織内の相互理解と共同歩調を困難にする
  • 組織構造に関わる問題が頻繁に発生する
  • 要となる者の注意を重要でない問題や的はずれの問題に向けさせる
  • 大勢の人間を集める会議を頻繁に開かざるを得なくなる
  • 人の感情や好き嫌いを気にするようになる。人の気持ちを気にしなければならない状況は、最悪の人間関係であり、このような症状を持つ組織は、たいがいが人員過剰となっている
  • 調整役や補佐役など実際の仕事をしない人たちを必要とすることになること。活動や仕事が細分化されすぎている証拠である
  • 組織中が組織構造を気にしている。常にどこかで組織改革を行っている

参考書籍

お問い合わせ:saimasa828★gmail.com (★は@に変えてください)
(c)Copyright by haniwa, all rights reserved.