私の産後入院体験記1(笑撃的な食事と血管!)

2017年2月に長女を出産しました^^
そこで、記録も兼ねて、妊娠~出産の体験記を書いてみます♪ 今回からは育児編! まずは、産院での入院記事を復数に分けてアップしていきます♪

背景

  • 出産時35歳以上
  • 初産
  • BMI25(ギリギリ肥満妊婦;;)
  • 子宮後屈(子宮が背中側に傾いている)
  • 妊娠前に治療中の疾患は無し
  • 2014年6月稽留流産(妊娠8週頃・子宮内容除去術を受けた)

娘は何とか無事に生まれましたが、その後の入院生活もハードでしたw
妊娠経過についてはコチラ、出産経過についてはコチラをご参照♪ 

スポンサーリンク

入院1日目

出産(手術)当日、私はナースステーションの隣の回復室で安静(寝たきり)に過ごし、赤ちゃんは酸欠の影響を調べるために別室で検査を受けていました。手術時の麻酔の影響か、回復室に来た直後はほとんど体を動かせませんでしたね~>< 何もすることが無い夫は早々と帰宅w

寝たきりで体の自由はきかないものの、意識はハッキリとしておりヒマだったので、看護師さんがケアに来てくれる毎に話しかけましたw あまり長く話すと仕事の邪魔になるので、赤ちゃんの様子や、説明を省略された手術についてなどをひとつずつ聞きました♪

帝王切開でのお腹の切り方は、縦切りと横切りがあり、横切りの方が傷跡が目立ちにくいものの赤ちゃんを出すまでに時間がかかります。赤ちゃんが無事に生まれる事が最も大切ではありますが、どうせなら傷跡も目立ちにくいとよりベター♪ 緊急帝王切開でも横切りできる場合があると聞いていたので、わずかな望みをかけて看護師さんに傷の向きを聞いてみたところ、アッサリ縦切りとのお返事がっ>< 手術の説明をすっ飛ばし、全身麻酔でサッサと切るほど急いでいたのに、お腹の切り方だけ横切り…は、さすがにありませんでしたw

この日、一度だけ、赤ちゃんを枕元に連れてきてくれました^^ 手術時の麻酔はほどほどに切れていたので、初めて赤ちゃんに触れることができました! モゾモゾ動いて可愛かったですね~w しかし、酸欠の影響をまだ色々な計器につながれていたのは痛々しかったです>< 赤ちゃんをなでていた時、計器がズレたのか、何かの値が0になった時は慌ててナースコールをしてしまいましたw

この時はまだガッツリ麻酔が効いていたので帝王切開の傷の痛みはありませんでしたが、色々な音がとにかくウルサかったですね~>< 血栓予防のため足に付けられたフットポンプのシューシュー音や、定期的に自動で血圧を測定する音、そして消灯後は、ナースコール音と思われる妙~にハイテンションなメロディw 夜中、真っ暗な病室でメロディがイキナリ鳴り出した時は、スタイリッシュホラーゲームのSILENT HILLシリーズを思い出しましたよっw さらに、喉が痛いこと! そんなわけで、この日はあまり眠れませんでした^^;

入院2日目

笑撃的な食事!

ウルサいなか、何とか少しだけ眠れたと思ったら、すぐ朝になりました。看護師さんがベッドを起こしてくれて、約18時間ぶりの座位に^^ 久しぶりに起きたためか、起きた直後は立ちくらみのようになってしまいました;; 数十秒ほどじっとしてみたら、頭は何となくボンヤリするものの視界は戻ってきました♪

その後、看護師さんの「食事を持ってきますね」というヒトコトでスッキリ目覚めました^^ そういえば、横になっていた約18時間、ご飯も食べていませんでしたね~>< 食事が美味しいと評判の産院だったこともあり、一汁三菜・健康的な食事を想像しながらとっても楽しみにしていましたが、運ばれた食事を見て、大きな衝撃…ならぬ笑撃を受けました!

一汁三菜どころか、おかゆですらありません>< ナント、うっすら白く濁ったお湯と、お茶の2点のみwww 喉が痛くなければ、「えっ、これが食事ですか!?」とつい言っていたことでしょうw

想像のはるか斜め下をいく食事を笑いをこらえながら凝視していましたが、とりあえずゆっくり食べる飲むことにwww こんな食事でも、体にとっては嬉しかったようで、飲み干す頃には生き返ったような心地を味わえました♪

私は腕の静脈の数が少ないようです;;

口をゆすいでしばらくした後、看護師さん2人が採血と計器を外しにやってきました。私の腕の血管を見た看護師さんのひとりが、「え、○○(聞き取れず)静脈が無い!?」とビックリして、もうひとりの看護師さんも「ホントだ! しかも他の血管も分かりにくい…」と慌てます。○○静脈って何だろう?と思いつつ、この時も喉の痛みのためとっさの声が出ず;;

その直後、看護師さんのひとりが「採血は病棟スタッフにお願いしよう…」と言い残して立ち去り、計器を外したもうひとりの看護師さんも離れていきました。その少し後、病棟の看護師さんと思われる、白いナース服を来た方がやって来て、難なく採血を済ませてくれました♪ さすが病棟スタッフ!

私はこれまで、スムーズに採血されたことはほとんどありませんが、看護師さん達の言葉のお陰で、どうやら腕の静脈が少ないためでもあることに気づけました>< 私の腕の静脈は、左腕・右腕とも肘関節の内側の左右を走っていますが、調べてみたところ、関節の中央を走る静脈もあるのですね~! 看護師さんが探していたのも、この中央の静脈でしょうw

今までもスムーズに採血できた事が少なく、採血の度に腕を温めたり手を動かすといった地道な努力をして、採血を失敗されない3つのコツという記事も書いた私ですが、まさか血管そのものが少ないとは~っ>< これは予想外の展開でしたね! 今まで誰にも指摘されませんでした…;;

スポンサーリンク