「 書籍感想 」一覧

自分の文章のクセに気づけるかも!?-「伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則」で気づいた自分のクセ

伝わる文章

私もいちブロガーですが、お世辞にも文章が上手いとは言えず、公開後の記事でも後から分かりにくい表現を見つけてコッソリ修正する事もしばしばです^^; そこで、今回は、この本に指摘されたお陰で気づいた、私のクセやよく見かけるクセ3つをメモがてら紹介いたします! 他にも色々な法則が紹介されていますので、今より文章が上手くなりたい方にはオススメの1冊です♪

続きを読む


ブラック企業にブラック士業アリ!-「ブラック企業ビジネス」感想

最近、「パワハラ 訴訟」や「パワハラ 訴える」で検索して当ブログを訪れる方が多くなってきました。ブラック企業が若者を使い潰す社会問題となっている今、そういった企業に問題意識を持ったり、立ち向かう方が増えてきたともとらえられれ、良い傾向です。しかし、訴訟を相談する相手を間違うと、さらなるトラブルになってしまいますのでご注意を!

そこで今回は、ブラック企業問題に詳しい今野晴貴さんの新書「ブラック企業ビジネス」の内容を紹介いたします。

ブラック企業ビジネス
ブラック企業は会社だけではありません。なんと、今は、士業もブラック化しています。

続きを読む


今後は海外で働く事が一般的になっていく-「ノマド化する時代」感想

ノマド化する時代
ここ数年で話題になっている言葉のひとつに「ノマド」がありますが、私はこれまで関連書籍を読んだ事はありませんでしたので、この度、手にとってみました!

著者は、「ノマド化」の概念を以下にあげ、会社の庇護を失い、個人は無理やり放浪者として「ノマド」にならざるを得ない時代が来ると推測しています。

①近代国家ではなく、グローバル企業・個人が主役になる新しい中世の到来
②中心がなくなり、世界中に離散する組織や個人の形態

本書は、前半ではノマドの定義、中盤ではノマド化のなかで生きる人の事例紹介、後半では来るべきノマド化時代を生き残るヒントが述べられています。

続きを読む


仕事の不満を軽くするための5つの心構え-「ラクをしないと成果は出ない」より

ラクをしないと成果は出ない

2008年に出版された、やや古い本ではありますが、「ラクをしないと成果は出ない」というタイトルは、ズボラな私にピッタリ!
今回は、この本から、仕事の不満を軽くするために参考になると感じた心構え5つをご紹介いたします^^ 

もし、日頃イライラしているなら、相手に期待しすぎたり、正義感が強すぎるのかも><!

続きを読む


職業人生は二回選べる-「未来の働き方を考えよう」感想

未来の働き方を考えよう

これからの日本は、寿命は延びる一方で、若者人口は減っていきます。増加する医療費・社会保障費を穴埋めするために定年も上がると思われますが、「給与は仕事の対価」という考えに基づいた同一労働・同一賃金が世界に広がれば、日本のような年功序列型賃金は維持が難しくなり、ひとつの企業にずっと勤める働き方は難しくなっていくでしょう。

そんななか、著者は、「職業人生は二回ある」と考えることを提案しています。
非常にユニークで共感できる内容でしたので、今回記事にしてみます。

続きを読む


スポンサーリンク