パワハラがある職場にはマタハラもあり! 私のマタハラ体験談(14/5/27妊娠は「自己責任」?追加)

ママが働きやすい職場環境は、自身で作っていく必要があります。

しかし、マタニティ・ハラスメント(マタハラ)という言葉の意味を理解していたのは、2013年5月に連合非正規労働センターが実施した意識調査によるとわずか6.1%だったようです。

さらに、この調査では、妊娠経験者の25.6%が「マタハラを受け」たが、そのうち45.7%が「相談せずに我慢した」と回答したという数字も出ています! その内容は、「妊娠中・産休明けに残業・重労働を強いられた」「雇用形態を変更された」「嫌がらせをされた」「心ない言葉をかけられた」などのようですね。あな恐ろしや><

私も、知識や行動力が無かったら、今後も妊婦に良くない仕事を指示されていたかも!?
私の場合はマタハラとまでは言えない軽い事例もありますが、私の経験が、働くママさんはもちろん、働くママさんと一緒に働いている方の参考になれば幸いと思い、ここでは私の経験談をまとめてみることにしました。

ただし、私の対応がベストの方法である保証はありません>< 実践される際は、ご自身の職場環境に有効な方法で行ってくださいね!

職場に配慮してもらったら、感謝の気持ちを忘れずに!
また、皆さまのマタハラ体験談も当記事へのコメントやTwitterなどで教えてください!

記事は、随時追加してまいります。

続きを読む


スポンサーリンク