「 雑記 」一覧

LINEグループ「MHX北海道LOVEハンター集会所」ご案内!(新メンバー募集停止中)

メンバーさま・参加検討者さまへのご連絡

運営者haniwaの出産のため、新メンバー募集を停止いたします!

北海道LOVEハンターグループ ご案内

LINEグループ「MHX北海道LOVEハンター集会所」は、一定のマナーのもと、北海道への愛があるメンバーがいつでも楽しく遊べるグループを目指しています。現在はMHXをメインに、交流はもちろん、クエ回し、HR上げ、素材集め、闘技大会など、マッタリワイワイ楽しんでいます♪

以下の内容に賛同いただけましたら、この記事のどこかにある必要事項を、当記事コメントにご連絡くださいね!

続きを読む


【MH4G】オンライングループ運営Q&A!(2015/10/17・今まで私が参加したグループでの退会理由を追加!)

有難いことに、時々、オンライングループ運営に関するご質問をいただきます。
ここでは、いただいた質問と回答を随時まとめていきます! 回答は、あくまで私個人が考える内容で、主に北海道LOVEグループで起きた場合を想定していますので、全てのグループにとってベストな内容とは限りません。また、昔はOKでも今はNGになったものもあります。あくまで参考程度にどうぞ。ご質問も募集中~♪

Q.グループを作るWebツールは何が良い?

ツールは色々ありますよね。LINEはもちろん、ブログ、Twitter、Facebook、Google+、匿名掲示板などなど。それぞれのツールには独自の雰囲気がありますので、グループを作る前に実際に使ってみて、目的に合ったツールを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、私が実際に使ったうえで感じた各ツールのメリット・デメリットは以下。

LINEグループ

メリット:使用人口が多く、使い方もカンタン。雰囲気はカジュアル寄り。
デメリット:誰でもメンバーを退会させれたり、一度アップしたファイルは消せないなど、セキュリティ面に多くの難あり。仕様上、陰口大会が起こりやすい。

ブログ

メリット:主体的なツールなので、自分の好きなようにできる。
デメリット:記事を書き続ける根気と、炎上やバッシングをあしらえるメンタルが無いと長期継続は難しい。

Twitter

メリット:リアルタイムな情報を広く拡散できる。交流はもちろん、ブログ更新お知らせにも向く。
デメリット:時間が経ったつぶやきは埋もれやすい。3人以上だとリアルタイムな連絡は取りづらい。

Facebook

メリット:本名登録が推奨されており、クローズドな環境のため、他のツールより炎上しにくい。
デメリット:匿名プレイヤーが多いゲームグループのオープンな交流には向かない。

Google+

メリット:Google制ゲームとの相性はバッチリ!
デメリット:操作が取っ付きにくいうえに使用人口も少ない。そのため現実的にGoogle以外のゲーム交流ツールには向かない。

匿名掲示板

メリット:ユーザー名すら不要なため気軽に投稿・閲覧できる。
デメリット:その反面、今回あげたツールのなかでは最もトラブルが起きやすい。スレ主や投稿者には、ブログと同等かそれ以上の強靭なメンタルが求められることも。

続きを読む


【MH4G】実録・不正データ!(2015/7/27:改造ステータスで生放送を妨害する改造者を追加!)

こんにちわ~!
MH4では改造ギルクエやステータスなどの不正データが問題となりましたが、残念ながらMH4Gでも見かけるようになりましたね;;

MH4Gではこのような記事が不要になることを望んでいましたが、フレさんからも改造に出遭ったという報告をいただくようになりましたので、MH4同様、MH4Gでも私が見聞きした不正データを紹介していきます。皆さまもお気をつけて!

また、不正データに関する情報は、自ら調べるまで(被害に遭うまで)気付きにくい点がとってもネックです。被害に遭われる方も後を経ちません;;

そこで! もし、当記事をご覧になって、ためになったなぁ~と思ってくださった方は、是非、色々方に不正データや当記事を教えてあげてくださいね♪ しかし、その際、まれに、身近な方が不正データに手を染めている事が明らかになる場合もあります;;

数が多くなってきた不正・改造・チートツールを使用・販売することによる書類送検・逮捕事例は当ブログ別記事にまとめています。

MH4の不正データはこちらの記事をご覧ください♪

続きを読む


【MH4G】チャアクの参考動画ご紹介!(7/6:テオ・テスカトル1点追加)

こんにちわ~!
現在不在中ではありますが、予約投稿で更新♪ 今回は、チャアクの操作や立ち回りの参考として、チャアクの動画をご紹介^^

チャージアックス解説

【MH4G】チャージアックス講座・初心者向け【盾斧】


ガードポイントの説明は12:15から

テオ・テスカトル

MH4G チャージアックス 灼炎の帝王 7分8秒


武器:海王器ナバルレガリア(極限強化:攻撃)
スキル:ガード性能+2・真打・弱点特攻
食事スキル:ネコの砲撃術

【MH4G】ギルクエLv140 テオ・テスカトル 盾斧 (´ω`)


武器:叛逆盾斧ガルレギオン(極限強化:生命)
スキル:挑戦者+2・細菌研究家・弱点特攻・砥石使用高速化・回避距離UP
食事スキル:ネコの砲撃術・ネコの不眠術

続きを読む


【MH4G】高LVギルクエソロへの挑戦をサボっていた理由と、再び挑戦する理由

こんにちわ~!
MH4Gでの高レベルギルクエソロ挑戦は、前回のLV138~140シャガル以来ずっと手付かずでした;; どうにも、気が進まなかったんですよね~。

その理由は、個人的なお気に入りモンス(シャガル、テオ様、オウガ亜種)でのMH4G仕様変更の意図が、いちプレイヤーとして理解できないこと。ハンターを的確に狙い、数も増えたシャガルの地雷。スーパーノヴァ後に変更されたテオ様のくしゃみ。自身の身体を突き抜けるオウガ亜種の龍光玉! 特に、テオ様のくしゃみは、外部ツール(タイマー)に頼る事を余儀なくされています。

難易度を上げるために変更したのかもしれませんが、新しい技ではなく既存の技を使っている点、面白さより理不尽さを感じる点から、プレイヤーを楽しませることよりも、安易に難易度を上げることを優先したように思えるんですよね。

チャアクはとっても面白い仕様になったのに、何故、一部のモンスは理不尽な仕様になってしまったのか。新しいモーションが大幅に増えたチャアクのように、モンスも新しい技を増やすことで難易度を上げていたなら、MH4Gへの評価も今とは違ったものになったでしょう。

そんなわけで、「プレイヤーを楽しませるより、安易な調整を優先したのでは?」というギモンにより、高レベルギルクエに時間をかけてソロで挑む価値を見失っていたのでした。

しかし、それでも今回改めて挑もうと思ったのは、ヘタレハンターのソロ記事が、読んでくれた方の励みになっていることが分かったから。どんなに理不尽なモンスでも、挑戦した私の狩り記が誰かの役に立つ可能性があるのなら、それだけで挑む価値になります。また、何だかんだ言っても、私はテオ様の大ファン! MH4Gでテオ様ソロをやり残したとなったら、きっと後悔するでしょう;;

MH4のチャアクに抱いた印象は「製作者からの挑戦状」でしたが、MH4Gではチャアクではなくギルクエが「製作者からの挑戦状」になりました。ヘタレ代表の私は、仕様が改善されたチャアクで、仕様が理不尽になったギルクエLV140モンスをクリアできるでしょうか? 乞うご期待!

MH4でソロクリアできたモンスに挑戦するとなると、後はテオ様とオウガ亜種ですね! まずは、LV138~140テオ様にソロでマッタリ挑戦していきますよ~♪

今日のヒトコト

MH4Gに限らず、私は遊んだゲームのイマイチな点も書きます。もちろん、失敗作の烙印を押すためではなく、今後の改良に期待しているためです。

一番怖いのは、変化しなくなること。今までのやり方を頑なに続けてマンネリ化するよりも、変化に挑戦してユーザーの不評を買う方が、長い目で見たらずっと建設的です。MH4→4Gのチャアクのように、今回はイマイチでも、後でもっと面白くなることもありますからね♪

MHXも早速賛否両論ありますが、私は変化に挑戦する姿勢を応援いたします^^

そういえば、「師匠からの試練」はいまだにクリアしていませんw LV140オウガ亜種をクリアした後にでも、挑んでみようかしら♪


スポンサーリンク