投資家として・消費者として実践したい「エシカル消費」!

エシカル消費を生き方の指針に!

2人目の子どもが生まれた直後、生活クラブの会報「生活と自治1(2019 No.597)」に載っていたエシカル消費に関する記事を読みました。

その結果、「私の実践したいことの全てがエシカルという言葉に込められている! 何て素敵なワードなの~!」と感銘を受け、投資で得た利益の還元先はもちろん、生き方の指針にすることを改めて決めました。

「エシカル(ethical)」は、直訳すると「倫理的」という意味ですが、噛み砕くと、社会支援の促進、地球環境の保全、地域経済の応援といった、人(社会)・環境・地域への配慮をあらわします。

エシカル消費は、買い物を通じて人(社会)・環境・地域の問題解決を目指す行動を指し、投資や製品購入などにより以下のような取り組みを応援することです。

  • フェアトレード、オーガニック
  • 持続可能な森林認証、持続可能な漁業認証、持続可能な鉱山から採掘された鉱物使用
  • 自然エネルギー活用、省エネ製品
  • エコホテル、カーシェアリング
  • 動物福祉
  • 地産地消、地元商店での買い物、伝統工芸、国産材
  • 障がい者の作った製品、寄付つき製品
  • ESG投資(環境・社会・ガバナンスに配慮している企業への投資)

私が以前の記事に書いた、応援投資として「心理的安全性を高める活動を行っている企業や団体、個人を応援する」ことも、エシカルの「人への配慮」に含まれます。

また、私が率先して選ぶ製品やサービスも、まさにエシカルでした。例えば、北海道産の食材、オーガニックコットン、日本の素材(木材・焼き物)を使用したインテリアなどです。さらに、地域経済へのささやかな貢献になればとの思いから、急ぎではない本は地元の本屋で取り寄せることにしました♪

続きを読む

haniwaのクリエイター活動

リアルで色々な方とお知り合いになった際、「haniwaって何やってる人?」と時々聞かれるため、私の拙いクリエイター活動をザックリ書いてみまし...

スポンサーリンク