私の産後入院体験記1(笑撃的な食事と血管!)

2017年2月に長女を出産しました^^
そこで、記録も兼ねて、妊娠~出産の体験記を書いてみます♪ 今回からは育児編! まずは、産院での入院記事を復数に分けてアップしていきます♪

背景

  • 出産時35歳以上
  • 初産
  • BMI25(ギリギリ肥満妊婦;;)
  • 子宮後屈(子宮が背中側に傾いている)
  • 妊娠前に治療中の疾患は無し
  • 2014年6月稽留流産(妊娠8週頃・子宮内容除去術を受けた)

娘は何とか無事に生まれましたが、その後の入院生活もハードでしたw
妊娠経過についてはコチラ、出産経過についてはコチラをご参照♪ 

続きを読む


私の出産体験記(子宮口拡大・破水・促進剤・陣痛・胎児圧出・吸引・超緊急帝王切開のフルコースで子どもは仮死蘇生。費用も掲載!)

2017年2月に長女を出産しました^^
そこで、記録も兼ねて、妊娠~出産の体験記を書いてみます♪ 今回は出産編! 記事下部には私の緊急帝王切開と娘の仮死蘇生の費用も載せています。約7500字もの長文になったため、お時間のある時にどうぞ!

背景

  • 出産時35歳以上
  • 初産
  • BMI25(ギリギリ肥満妊婦;;)
  • 子宮後屈(子宮が背中側に傾いている)
  • 妊娠前に治療中の疾患は無し
  • 2014年6月稽留流産(妊娠8週頃・子宮内容除去術を受けた)

妊娠経過についてはコチラの記事をご参照♪ 妊娠初期・中期は平穏でしたが、後期は膀胱炎・静脈弁機能低下・妊娠高血圧症候群の一歩手前で一気にグダグダになってしまいました;;

早すぎるお産の進み

出産予定1日後の検診で、一度帰宅して本陣痛を待つか、このまま入院して子宮口を広げる措置を行い出産するかを検討した結果、様々な要因を考慮して入院を選択した私。

入院同意書などの必要書類に目を通してサインをした後、夫と一緒に病室に移動。病衣に着替えた後、私を担当してくださる助産師さん2名と自己紹介を兼ねた軽い雑談をしました^^ 助産師さんは、どちらも30代くらいでしたが、一人はおっとり、もう一人はアグレッシブな雰囲気でした♪ アグレッシブなほうの助産師さんが、赤ちゃんの心拍をモニタリングする機器(分娩監視装置)を付けてくれました。

その少し後、医師によりバルーン(メトロインテリル)で子宮口を拡大するための措置を受けました。医師の話では、私は高齢出産・初産のため、子宮口が開いてバルーンが外れるまでは半日くらいかかり、出産は翌日以降になる可能性が高いとのこと。

出産(予定)までは時間があるため、私は病院で昼食をとり、夫は助産師さんに許可をいただいたうえで一度家に帰り、(ウッカリ忘れていた)家の水落しをしたり、病院近くの宿を手配することに。ちなみに、夫は立ち会い出産希望です^^

昼食の後、ヒマなので病室内を物色し、TVを観ようとしたとき、なんと、早くもバルーンが外れてしまいました~っ! 装着からわずか1時間。しかも、その間に破水し、陣痛が約5分間隔で起こるように。初産なのに、お産の進み早すぎよ~っ><

陣痛中に血圧を測っていたアグレッシブな助産師さんが、一言「高い…」と。収縮期血圧が150mmHg近くにもなっていたそうです;; 陣痛中は血圧が上がるため、陣痛が引いた後に再測定。何とか下がっており、問題無いとのことになりましたが、妊娠高血圧症候群になりかけている身としては、ちょっとドキっとしてしまいましたよっ!

血圧が落ち着いた頃、アグレッシブな助産師さんから(経膣分娩の)バースプランを聞かれましたが、特にこれといった希望は無く、以前初期流産しているため、ただただ無事に生まれてくることを願うのみでした。結局、緊急帝王切開での出産になったため、バースプランを考えていたとしても実現は難しかったでしょう;;

続きを読む


私の妊娠体験記(初期・中期は平穏でしたが後期でグダグダに;;)

2017年2月に長女を出産しました^^
そこで、記録も兼ねて、妊娠~出産の体験記を書いてみます♪ 今回は妊娠経過編! ひとつの記事にまとめたため、約5000文字の長文です><

背景

  • 出産時35歳以上
  • 初産
  • BMI25(ギリギリ肥満妊婦;;)
  • 子宮後屈(子宮が背中側に傾いている)
  • 妊娠前に治療中の疾患は無し
  • 2014年6月稽留流産(妊娠8週頃・子宮内容除去術を受けた)

出産は、経膣分娩中(子宮口8cm)に赤ちゃんの心音が落ちてしまい、胎児機能不全・胎盤機能不全による超緊急帝王切開となりました。コチラの記事をご参照♪

妊娠初期(~4ヶ月):平穏なつわり・早くもあらわれたむくみ

妊娠4ヶ月頃まで、「眠りづわり」がありました。フルタイムで仕事をしている平日は眠気に何とか耐えていましたが、休日は約3時間もの昼寝をしていました^^; 日頃から、妊娠による(眠気による)判断力の低下を感じていたため、ドライブする時は、念のため、1時間運転する度に30分~1時間の仮眠をとりました。吐きづわり等、他のつわりは、幸い全くありませんでした♪

妊娠4ヶ月(14週)頃、自覚症状はありませんでしたが早くも脚がむくんでおり、利尿作用のある漢方「五苓散(ごれいさん)」を処方されました。医師いわく、妊娠初期に五苓散を処方される妊婦は珍しいとのこと>< この頃は1日数時間もの立ち仕事をしていたため、むくみの原因は長時間立っていることだと思っていましたが、その後、仕事がデスクワークになってもむくみはなかなか引かず、五苓散も妊娠中ほぼずっと処方され続けました;;

参考:

続きを読む


ストレスチェックの結果、高ストレス者と判定されたものの、面談を申し込まなかった3つの理由

私の勤務先でも、遅ればせながらストレスチェックが実施されました。Web上で設問に答えて、結果は後日郵送されるというお手軽さでした。

日々の仕事や職場で感じている事を、ありのままに答えた結果、一部の項目で「ストレス反応が高い」と認定されました。医師の面談を受ける権利もありましたが、3つの理由から面談は申し込みませんでした。

そこで、今回は、ストレス反応が高かった項目と、面談を申し込まなかった結果を書いてみます。

続きを読む


パワハラ訴訟(勝訴・処分・和解)・書類送検事例(16/12/21・3団体追加)

明らかなパワハラを受けていながら泣き寝入りしている方の参考になればと思い、パワハラ訴訟で労働者が勝訴・処分・和解した事例や、団体が書類送検された事例を以下に随時掲載していきます(掲載企業はあいうえお順です)。

個人的に興味深いのは、公的組織の事例が思っていたよりも多い点です。リストラの無い職場環境が加害者をエスカレートさせてしまうのでしょうか。

私は投資家でもありますが、このような企業・団体は訴訟や労災による利益損失の可能性があり、さらにはパワハラが見過ごされてきた事実から、それ以上の悪事が隠れている恐れもあるため、投資先に選ばないのはもちろん、商品購入も可能な範囲で避けます。

2016/12/21追加
・山陰放送
・しゃぶしゃぶ温野菜
・福島県立医大

続きを読む


スポンサーリンク