「 Child-Dream製ゲーム 」一覧

Child-Dream「Creatures ~生きとし生けるもの達へ MV」(前編)公開! 「将棋の森」クラウドファンディング受付中♪

こんにちわ~!
私もテストプレイヤーのひとりとして、スタッフの末席に居る、ゲームメーカーChild-Dream。先日、ナント18年ぶりのリメイク作品となる「Creatures ~生きとし生けるもの達へ MV」(前編)が公開されました~!
Creatures
Creaturesは、モンスターの視点で紡がれていくユニークなRPG♪ モンハンや他のゲームで、普段、バッタバッタなぎ倒している(w)モンスター達が語る物語には、一体どんな謎が秘められているのでしょうか~!? 古き良きRPGツクール95製の雰囲気を残しつつ、BGMやバトルが現代風になったリメイク版は、まずは前編のみの公開です♪

Child-Dream製ゲームの魅力のひとつは、さりげないながらもグッと来る、人間味溢れる情景描写! ネタバレ防止のため、多くは語りませんが、Creatures(前編)で私の好きなシーンをサラっとご紹介^^

覚えていた夢
ゲームでもリアルでも、こういう事を言える人って素敵ですよね♪ この時のイベントシーンも胸を打たれます><

続きを読む


いちゲームユーザーとして大切にしていることは、フィードバックと、賛同できるクリエイターへの応援投資

こんにちわ~!
多くの方がご存知と思いますが、先日、任天堂(株)岩田社長が亡くなりましたね;; 任天堂Webサイト「社長が訊く」や、糸井重里氏が主宰するサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」内の対談「岩田聡さんのコンテンツ」でも、岩田社長のお人柄や仕事やゲームへのポリシーが伺えます。いちゲーマーとしてはもちろん、いち投資家としても、出資したいと思える社長でした。素敵なゲームを有難うございます! ご冥福をお祈り申し上げます。

私がいちゲーマー(プレイヤー)としてできる弔いは、これからもプレイヤーとしてゲームで遊び、クリエイターにフィードバックすることです。良いなと思ったゲームには惜しみなく賛辞を贈り、イマイチだなぁと感じた点にも忌避無く意見を述べることで、より良いゲーム制作のほんのわずかな糧になればとの思いです^^

特に、私が大切にしているのは、想いに賛同できて「応援したい!」と感じたゲームやクリエイターには、メーカー・インディー・個人にかかわらず応援投資することです♪ 投資は、なにも、お金(ゲームを買う)だけではありません。遊んでフィードバックすることや、ブログのネタにすることも、時間の投資です^^

続きを読む


【MH4G】Royさんミニイベントのお知らせ♪ My定型チャット「カウンター喰らうのが茶悪ですw」が現実に~><

こんにちわ~!
盾斧好きRoyさんが、またまた素敵なミニイベントを考えてくれました^^ それは、「ロマン狩人プロジェクト~夏のネタ祭り~」! 文字通り、普段はなかなか狙いにくいロマンプレイを意図的に狙い、仲間のロマンを讃えあうアツいイベント♪ 現時点での開催日時は7/11(土)20時か21時! 詳しくは、Royさんのブログ「盾斧好きの気まぐれ日記」へ^^ 私も突撃いたしますよ~♪

また、私もテストプレーに参加させていただいているアドベンチャーゲーム「千里の棋譜」がGoogle Playにて控えめに公開♪ 将棋を題材にした無料ゲームで、実在するアニメ好き棋士、高橋道雄九段(ブログ:みっち・ザ・わーるど)も特別出演! ゲームは、今は第3章までプレイできます^^

Child-Dreamさんには、前作「緋染めの雪」の感想を書いた時、Twitterで声をかけてくださったんですよね♪ その後、「千里の棋譜」の前段となる「将棋ミステリー(仮)体験版」をプレイ^^ テストプレイヤーを募集されていたので速攻応募♪ その後、何度かやりとりさせていただき、有り難いことに、今ではChild-Dreamスタッフの末席にコッソリ居ますw

Webが発達したことにより、ゲームクリエイターとユーザーの距離がグッと近くなりました! ユーザーは、ゲーム制作に関わることで、クリエイターを直接応援できます♪ これは、Webが無かった一昔前では、想像すらできません! Webの可能性と、縁の大切さを改めて実感しています^^

もちろん、Webが結んだ縁は、ゲームクリエイターに限りません。日々、MH4GやIngressなどで遊んでくださる皆さまとも、Webが無ければ、恐らくリアルでは出会えなかったでしょう。そう考えると、感慨深いものがありますね~♪ そういえば、先日は七夕でしたが、リアルでは1年に1回しか会えない織姫と彦星も、Webで毎日交流しているのかも…な~んて妄想してしまいましたw

それでは、今回の狩り記です!

続きを読む


Child-Dream待望の新作「緋染めの雪」をプレイ! ゲーム制作への信念に惚れた!(2/18追記:Child-Dream公式ブログでも拙記事をご紹介いただきました!)

こんにちわ~!
今回はモンハン以外のゲームについてです♪

自分のパソコンを持ち、インターネットというものに触れた直後の若かりし頃。
その頃からゲーム好きだった私は、(今は死後となった)ネットサーフィンをしているうちに、有志が制作・公開しているゲームがあることを知りました。その多くは無料で遊べるため、学生の私は大助かり♪ 特に、サウンドノベルジャンルにハマり、暇を見つけては有志制作ゲームを楽しむ日々でした。

そんなある日、私の心を虜にした、ひとつの作品がありました。
それは、ゲーム制作集団Child-Dreamが2001年にリリースしたWindows用ゲーム「21世紀版Lost Memory」。総プレイ30時間もの大作RPGという点も驚きましたが、私が惚れたのは、メインテーマ曲「One Day」の何ともいえない美しさ♪

包み込むような優しさのなかに、ほのかに漂う儚さ。このBGMが紡ぐ物語に興味が湧いて、プレイしたところドハマりw

ゲームはもちろん、他の曲も素晴らしく、戦闘BGM「剣ノ舞」を聴くためにバトルを放置したのは良い思い出♪ 有志ゲームとしては初めてサントラCDも購入しました^^
LostMemoryサントラCD
名曲揃いで、今もたまに聴いていますが、絶版になっているとの事;; 惜しいですね~><

続きを読む


スポンサーリンク