我が家の間取り大公開! 玄関・リビング・キッチン編(家創り04)

今回は、我が家(平屋)の間取りを紹介します!
間取り
(↑クリックで原寸表示)

細かい点は実物と異なっていますが、間取り自体は変わりません。

当記事には家の写真(我が家を設計いただいたHOUSE&HOUSE 一級建築士事務所 須貝日出海さんのInstagram、他)も登場しますが、外装・内装・建具・家具については別記事で紹介します。

仕様

(↑家の外観)

構造:木造平屋建て
敷地面積:約1110平方メートル
建築面積:約205平方メートル(車庫含む)
述べ面積:約159平方メートル(約48坪)(車庫除く)
設計:HOUSE&HOUSE 一級建築士事務所(https://ietoie.com/)
施工:(株)木村建設(http://www.kimurakensetsu1966.com/)
住人:夫婦と0、2歳の娘の計4人

スポンサーリンク

平屋を選択

私達は、2階建てではなく平屋を選びました。その理由は以下!

  • 私は高い所が苦手;;
  • バリアフリー化が可能(将来、体が不自由になったり年をとったとき、階段で2階に行くことがおっくうになる)
  • 十分な広さの土地を確保できる(農家の特権w)
  • ロフトを設けることで擬似的な2階を作れる
  • 洪水のハザードマップを確認し、洪水リスクが低いことを確認済み

平屋のデメリットは、コストがかさみ、暖房効率が落ちる点!

基礎や屋根は2階建てにするよりも大きくなりますし、地盤に打つ杭の本数も増えます。暖房も、横長の我が家の場合、薪ストーブひとつに頼るのは心もとないので、サブ暖房として石油温水暖房も入れました。

それでも、平屋のメリットが勝ったので(特に私の高所恐怖症の面でw)、平屋を選びました。

家相・風水は考慮せず

我が家は利便性を重視したので、家相や風水は全く考慮していません。家相を重んじる方からすれば、鬼門に勝手口があるのはいただけない、水場の位置が悪い、西側の出入り口もイマイチ、など、色々ツッコミ所があると思います^^;

間取りの工夫

今回は、1.玄関・トイレ・土間、2.リビング・畳コーナー、3.ダイニング・キッチン・パントリーを紹介します。

1.玄関・トイレ・土間

玄関は南側にあります。
玄関・トイレ・土間

(↑玄関から土間方向を見た様子)

玄関ドアの位置を少し引っ込めることで、傘の開閉などを行いやすくしました。玄関ドアの開く方向は、車による外出が多いことから(郊外の農家あるあるw)、カーポートへのアクセスしやすさを優先しています。

玄関の右の壁には、造作の靴箱と小さなクローゼットを設けました。玄関に面した靴箱は、郵便受けと傘立てになっています(見た目は靴箱と統一しており、戸を開けるまで分からない仕組み♪)。

靴箱の上には、飾り物や写真を置けるようになっています。入居直後の今は、子どもの写真や季節のオブジェをを飾っていますが、子どもの写真はお客さまウケ良いですね~^^

クローゼットには季節の上着や帽子をしまっています。メインのクローゼットに行かなくても外出の準備が出来るのは、とっても楽ですね。

玄関から上に向かうと、途中にトイレがあり、土間に突き当たります。

土間には、畑作農業を営む夫の作業着や工具を置くため、汚れに強い素材を使っています。土間の右側には勝手口を設け、汚れた格好でも気兼ねなく出入りできるようにしています。深めの手洗い場も作り、汚れた手や衣服を洗えるようにしました。

トイレが土間の近くにあるのも、農作業中の夫がなるべく家を汚さずにアクセスするためです。間取りの左側にある個室からトイレに行くためにはリビングを通る必要があり、家族の気配を感じやすくしています。

また、土間→パントリー(物置)→キッチンの動線も作り、荷物を片付けやすくしています。

2.リビング・畳コーナー

リビング・畳コーナー

玄関の左はリビングです。リビングの左側には薪ストーブ、右側にはテレビがあり、薪ストーブの周りには道具を置けるスペースを確保しています。

南側には足元まで広がる窓があり、広大な畑の風景を楽しめます。この窓にはカーテンやブラインドは無く、代わりに6枚の障子を使っています。障子は、隙間無く窓を覆えるので、熱気や冷気を部屋に伝わりにくくできます。また、1枚ずつ独立して動くので、眩しい場所にピンポイントで置くこともできます。

リビングは勾配天井で、ロフトも見え、平屋にも関わらず開放的な雰囲気を味わえます。

畳コーナー

リビングの右上には畳コーナーがあります。左奥にはご先祖様の仏壇を飾れるスペースを確保し、右奥には吊納戸を設けました。(図面では仏壇と吊納戸が逆になっていますが、後に、仏壇から畑が見えるように、位置をチェンジしました)

間取りを検討し始めた頃、畳コーナーは個室でリビングやダイニングから離れた位置にあり、この場所は物置スペースでした。しかし、リビングやダイニングからアクセスできる位置にした方が、空間的な広がりを感じられるため、この位置に決めました。

畳コーナーは、リビング・ダイニングから目が届きやすいため、子どもスペース(遊び・昼寝・オムツ替え)として大活用しています♪ 障子で仕切ると客間になり、仏壇もにぎやかで明るい場所に置けるため、ご先祖さまも喜びそうです^^

3.ダイニング・キッチン・パントリー

ダイニング・キッチン・パントリー

リビングの上側には、ダイニング、キッチン、パントリーがあります。ダイニングテーブルとキッチンを近づけることで、料理や小物を移動しやすくしています。

キッチンの上側には、引っ越し前から使っていた棚を置きます。この棚とキッチンの間は110cmと広めにとり、複数人でキッチンに立ちやすくしています。

冷蔵庫の位置は、リビング・ダイニング・パントリーからアクセスしやすい位置にしました。棚と冷蔵庫の間はゴミ箱コーナーになっています。

パントリー内部は、図面では何も有りませんが、後日、完成見学会のお礼として、(株)木村建設さんに棚をつけてもらいました^^ 有難うございます!

スポンサーリンク